伊藤 文人 大学院生(博士課程)

大学院生(博士課程)

伊藤 文人

Fumihito Ito


1981年生まれ、千葉県出身。2007年福島県立医科大学卒業、2015年10月福島県立医科大学 大学院医学研究科 臨床疫学分野入学。2017年1月からスポーツ医学講座 助手。2019年4月より国際医療福祉大学医学部 救急医学 助教に着任。専門は救急、麻酔、集中治療です。

東北地方における救急・集中治療における重症敗血症 多施設共同データ登録をはじめ、様々な多施設間研究のデータ登録に参加させていただき、そのデータを様々な角度から解析したいと考えるようになりました。その解析の方法論を学びたいと考えているところに福島県立医科大学 大学院医学研究科 臨床疫学分野を知り、入学させていただきました。

今までは臨床医療のみでしたが、臨床研究でも医療に貢献できるように学んでいきたいと思っております。

[所属学会・専門医]
日本救急医学会(専門医)、日本麻酔科学会(専門医)、日本集中治療医学会、日本呼吸療法医学会、日本感染症学会、日本化学療法学会、日本内科学会(認定医)、日本医学シミュレーション学会、日本離床学会

[ 研修歴・臨床歴 ]
2007年 福島県立会津総合病院(現 福島医科大学会津医療センター) 初期臨床研修
2009年 一般財団法人 太田綜合病院附属太田西ノ内病院 総合診療科(現 内科)
2011年 一般財団法人 太田綜合病院附属太田西ノ内病院 救命救急センター・麻酔科
2019年4月 国際医療福祉大学医学部 救急医学/国際医療福祉大学市川病院 麻酔科

[ 競争的研究資金 ]
2017年 福島県立医科大学 育成研究 (研究代表者:伊藤 文人)

[ 主な学会発表 ]
伊藤文人, 堤悠介, 篠原一彰, 福原俊一, 栗田宜明.
「鼻の無い」車に乗車した場合の交通外傷は重症化するか?:Cab-overとbonnet車の比較コホート研究
第46回日本救急医学会総会・学術集会, Nov 19-21, 2018, 横浜 (O08-2)
日経メディカルで紹介されました。[車の「鼻」の形で交通外傷の部位と重症度が違う]
読売新聞で紹介されました。[車体形状 負傷度に影響. 読売新聞 福島版. 2019年1月14日 日刊23ページ.]