飯田 英和  大学院研究生

大学院研究生

飯田 英和

Hidekazu Iida, MD, MPH


1985年生まれ。栃木県出身。2009年千葉大学卒業。2014年4月より福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター臨床研究フェロー着任。2014年 京都大学大学院 社会健康医学系専攻 臨床研究者養成コース受講生。2015年ハーバード公衆衛生大学院Principles and Practice of Clinical Research修了。2016年 京都大学大学院 社会健康医学系専攻 医療疫学分野 専門職学位課程修了。現在、祐ホームクリニック 石巻で地域の在宅医療を担う。

福島には小学生のころにスキーをしたり、学生時代にゴルフをやっていたので大会で訪れたりしたことがありましたが、今回ふとしたご縁で福島にお世話になることになりました。臨床研究の寺子屋に参加したことがきっかけですが、「臨床」というものを違った視点でみられるのではないかと思い福島フェロー志望致しました。専門は腎臓ですが、他科のことや予防、介護、福祉などのことも含めて学んでいきたいと考えております。どうぞ宜しくお願い致します。

【所属学会・資格】
日本内科学会(認定内科医)
日本透析医学会(透析専門医)
日本腎臓学会
日本医師会認定産業医

【研修歴・臨床歴】
2009年 千葉大学医学部附属病院 初期臨床研修
2010年 千葉市立青葉病院 初期臨床研修
2011年 日本赤十字社医療センター 腎臓内科
2012年 北見赤十字病院 内科
2012年 日本赤十字社医療センター 腎臓内科

【主な臨床研究】
福島民報で紹介されました。[後期高齢者の高血圧 食塩摂取量と体重 関連. 福島民報. 2019年7月11日 日刊25ページ.]

  1. Iida H*, Kurita N*, Takahashi S, Sasaki S, Nishiwaki H, Omae K, Yajima N, Fukuma S, Hasegawa T, Fukuhara S. The Sukagawa Study Group (*equally contributed)
    超高齢者の塩分摂取量・体重過多が高い血圧と関係する:須賀川研究
    The Journal of Clinical Hypertension 2019; 21: 942-949.

    須賀川市の後期高齢者288名(平均年齢80歳)を対象に、一日食塩摂取量(田中式で推定)、体重と血圧上昇との関連を横断的に調査しました。一日食塩摂取量の平均は9.1g/日でした。食塩摂取量と体重の1標準偏差あたりの増加が、収縮期血圧4.1mmHg および5.3mmHg の上昇と関連しました。体重の1標準偏差あたりの増加が、拡張期血圧2.7mmHg の上昇と関連しました。生活習慣の変容により後期高齢者の血圧を管理できる可能性を示しました。大学院研究生の飯田 英和先生が着想し、主指導教員が解析論文化を指導しました。臨床研究イノベーションセンターのOB・現スタッフの努力の賜物で行うことができた研究です。須賀川市にも還元しうる知見を得ました。皆様のお蔭でありますため、筆頭著者・主指導教員ともにこの機会を頂いたことに大変感謝しております。[※研究成果が、7月11日の 福島民報 日刊に掲載されました。後期高齢者の高血圧 食塩摂取量と体重 関連. 福島民報. 2019年7月11日 日刊25ページ.]

  2. Iida H, Kurita N, Fujimoto S, Kamijo Y, Ishibashi Y, Fukuma S, Fukuhara S
    International Urology and Nephrology 2018; 50: 763-769.

    自己管理手帳の記載割合と腹膜透析関連感染症の発生との関連性を調べた臨床研究論文です。現場の疑問を温めていた飯田英和先生と、弊分野・臨床研究イノベーションセンターの共同作業で発信できた成果です。主指導教員が研究デザインの立案・解析・論文化の指導に参画しました。