次橋 幸男 客員講師

次橋 幸男 客員講師

客員講師

次橋 幸男

Yukio Tsugihashi, MD, MPH, MMM, PhD


兵庫県出身。2004年佐賀医科大学卒業。天理よろづ相談所病院にて初期・内科後期研修を修了。その後、内科、在宅医療の専門医として同院の臨床に従事しつつ、公衆衛生、医療マネジメント、医療政策を大学院で学んだ。2010年京都大学大学院社会健康医学系専攻臨床研究者養成(MCR)コース修了(MPH)。2016年南カリフォルニア大学大学院(ビジネススクール)医療マネジメント修士過程修了(MMM)。2021年奈良県立医科大学大学院公衆衛生学医学博士課程修了(早期修了, PhD)。奈良県立医科大学博士(医学)。2019年からAdministrative physicianとして法人企画準備室(次長)と2020年からは奈良県医療政策局(嘱託職員、地域医療アドバイザー)において、病院及び地域医療マネジメント、研究、教育に取り組んでいる。
急性期医療の現場において判断能力の衰えた高齢患者に高度医療が日常的に行われていることに疑問を感じた。この課題を解決するためには心の通った継続ケアの提供体制、地域医療ネットワークの構築が重要だと考えている。

【所属学会・資格】
日本内科学会(総合内科専門医/指導医)
日本在宅医療連合学会(在宅医療専門医/指導医)
社会医学系専門医
プライマリ・ケア連合学会(プライマリ・ケア認定医/指導医)


【主な臨床研究】

  1. Tsugihashi Y, Hirose M, Iida H, Hayashi S, Yasunaka M, Shirahige Y, Kurita N, and the ZEVIOUS group.
    在宅医療患者における要介護度分類の妥当性を日常生活機能・サルコペニアの主観的な指標から検証する:ZEVIOUS研究
    Geriatrics & Gerontology International 2021; 21: 229-237.

    東京・奈良・長崎で在宅医療を受ける患者の要介護度と自己報告による生活機能・身体機能との関係性を横断的に分析しました。生活機能は国際生活機能分類(ICF)を反映するWHODAS2.0で、身体機能はサルコペニアのスクリーニングで用いられるSARC-Fで評価しました。要介護度が高くなるほど、自己報告に基づく生活機能や身体機能のレベルが低下することを示しました。
    長崎在宅Dr.ネット・医療法人社団鉄祐会・天理よろづ相談所白川分院と奈良県内でご活躍の先生方とチームで行う、ZEVIOUS研究(Zaitaku Evaluative Initiatives and Outcome Study)の成果(チームプロダクト)です。

Tsugihashi Y, et al.
Long-term prognosis of enteral feeding and parenteral nutrition in a population aged 75 years and older: a population-based cohort study.
BMC Geriatr 2021;21:80.

Nakanishi Y, Tsugihashi Y, et al.
A Comparison of Japanese Centenarians’ and Non-centenarians’ Medical Expenditures in the Last Year of Life.
JAMA Netw Open 2021; 4(11):e2131884.

Nagano H, Tsugihashi Y, et al.
Competencies for on-call physicians for home medical care: A qualitative study of home care providers' experiences in Japan’s super-aged society.
J Gen Fam Med 2022;00:1–7.