片山 皓太 大学院研究生

片山 皓太 大学院研究生

大学院研究生

片山 皓太

Kohta Katayama, MD


1986年生まれ、大阪府出身。2012年大阪市立大学卒業、2017年10月福島県立医科大学 大学院医学研究科 臨床疫学分野の博士課程に入学。専門は総合診療。現職は聖マリアンナ医科大学 総合診療内科 助教。

高齢化が進み、多数の併存疾患を診ることができる総合診療医へのニーズが高まっています。これから必要とされる総合診療医は自分でエビデンスを創っていく総合診療医だと考え、臨床疫学分野の門を叩きました。目の前の患者様や後輩の先生方に還元できる臨床研究を発信できるよう日々精進しています。


【研修歴・臨床歴】

2012年4月 水戸協同病院 初期研修
2014年4月 水戸協同病院 総合診療科 後期研修
2016年4月 水戸協同病院 総合診療科 チーフレジデント兼務
2017年4月 白河厚生総合病院 総合診療科 医員
2021年4月 国際医療福祉大学成田病院 総合診療科 病院助教
2022年4月 聖マリアンナ医科大学 総合診療内科 助教

【所属学会】

日本内科学会(総合内科専門医)
日本プライマリ・ケア連合学会(家庭医療専門医)
日本病院総合診療医学会(特任指導医)
Society of Hospital Medicine(International Member)

【主な臨床研究】

Katayama K, Meddings J, Saint S, Fowler KE, Ratz D, Tagashira Y, Kawamura Y, Fujikawa T, Nishiguchi S, Kayauchi N, Takagaki N, Tokuda Y, Kuriyama A.
Prevalence and appropriateness of indwelling urinary catheters in Japanese hospital wards: a multicenter point prevalence study.
BMC Infect Dis 2022; 22(1): 175.

【主な症例報告】

Katayama K, Kumagai R, Isono M, et al.
Pioglitazone-induced Pulmonary Injury in a Very Elderly Patient.
Internal Medicine 2016; 55(13): 1779-1782.

Katayama K, Gomi H, Shirokawa T, Akizuki H, Kobayashi H.
Bezold’s abscess in a diabetic patient without significant clinical symptoms.
IDCases 2017.

【著作など】

日経メディカルonline上のCadetto. Jpで“酸・塩基・電解質マネジメント”の題で2013年~2017年まで連載(http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cadetto/practice/yueki/)

次の記事

鈴木 亮 OB/OG